尾西食品株式会社

非常食、災害対策食料、備蓄、長期保存食 | 尾西食品は安心と思いがけない幸せを提供します。

アルファ米を知る

アルファ米の歴史

昭和10年(1935年)当社は、せんべいやビスケットが、乾燥食品でありながら美味しくて消化もよく、しかも保存ができることに着目し、尾西独自の発想と分析を重ね、『くず練の素』『もちの素』といった製品を開発いたしました。開発当時、日本は戦時下にあり、それらの製品は軍事食糧として納入されました。火も使わず、水を注ぐだけでつき立てのおもちになる『もちの素』は、便利な粉末食品として大変好評を得ました。

昭和18年(1943年)、大阪大学産業科学研究所の(故)二国博士は当社の乾燥粉末と、オランダの物理学者カッツ博士のデンプン回析とを結びつけ、当社のデンプン加工食品は優れた食品であることを証明しました。

その翌年、軍から「炊かずに食べられるご飯」の開発要求があり、当社と同博士は、共同でアルファ米の製品化に着手成功させました。こうして誕生したアルファ米は、終戦までに6,200トン(7千万食分)を納め、「もちの素」等まで含めると27,300トン(約3億食分)が軍事食糧として供されました。

終戦後、日本の食糧事情は逼迫し、国民の栄養問題(特に乳幼児や病人に対する食料及びその貯蔵の問題)が極めて重要視されるようになりました。その2点において、当社のアルファ化デンプンは、安全でしかも保存性のある食品であることが認められ、乳幼児及び病人用食品として重宝されました。つまり、終戦後、アルファ米は、軍事食糧から平和的食糧へと生まれ変わったのです。

現在のアルファ米は、災害対策用の非常用保存食品として全国の自治体へ、海外旅行者の携行食糧として、また、登山者の山岳携行食等、広く使われるようになりました。ちなみに高山では、気圧の低下と共に水の沸点が下がるため、普通にご飯を炊いてもお米の芯まで火が通らず、美味しいご飯ができません。ところが、尾西食品のアルファ米は、そんな気圧の低い条件下でもお水を注ぐだけで、軟らかく美味しいご飯ができ上るため、高地登山者にとって必須アイテムになっています。

アルファ米の活躍

阪神・淡路大震災

阪神・淡路大震災の時出荷されたアルファ米。

登山家・小西氏

登山家・小西氏も当社アルファ米をご愛用いただいております。
※ネパールのアマダブラム山(6,812m)登坂

ラフティングチーム・テイケイ

活躍する日本代表「ラフティングチーム・テイケイ」にも世界各地の遠征時にご利用いただいております。

亀田製菓 ネットショップ

  • アルファ米を知る
  • 環境への取り組み
  • アレルギー対応製品への取り組み